ホームCSR > 再生可能エネルギー事業

再生可能エネルギー事業

コムシスグループは、中期目標達成に向けた成長戦略の一つとして、新たな再生可能エネルギー事業の推進を掲げ、太陽光・風力・バイオマスなどの自然由来の資源を利用する再生可能エネルギー事業に注力しています。
再生可能エネルギーは、化石燃料を使用せず、地球温暖化の原因となるCO2をほとんど排出しないという大きなメリットがあり、コムシスグループ一体となって、当該事業を通じた環境保全に取り組んでいきます。

太陽光発電事業

日本コムシスグループでは、太陽光発電所を日本各地で建設しており、2013年4月に第1号の大規模太陽光発電所を稼働して以来、2018年3月末までに第17号までの太陽光発電所が稼働しています。
コムシスクリエイトが発電事業者となり、日本コムシスが施工を行い、2017年度は3カ所の太陽光発電所を新たに稼働させ、年間推定890万kWhの電力発電が可能となりました。CO2に換算すると、およそ4,760t-CO2のCO2排出削減となります。
この発電量は、一般家庭の約2,993世帯分の年間電力消費量に当たります。
日本コムシスグループは、今後も太陽光発電事業を継続させることで、地球環境負荷の低減に貢献していきます。

※ 2015年度の家庭の消費電力量(電気事業連合会HP)から試算

太陽光発電所概要

2017年度 新設

第15号

サン・ファクトリー北橘 渋川
(サン・ファクトリー渋川太陽光発電所)

所在地 群馬県渋川市北橘町上南室
敷地面積 約31,900m2
発電容量 約2,221.56kW
発電量 年間約230万kWh
CO2排出削減量 年間約1,100t-CO2
パネル数 8,228枚
稼働開始日 2017年6月16日
サン・ファクトリー北橘 渋川

第16号

サン・ファーム千年の森昭和Ⅱ
(昭和村千年の森Ⅱ期太陽光発電所Bサイト、
昭和村千年の森Ⅱ期太陽光発電所Cサイト)

所在地 群馬県利根郡昭和村
敷地面積 約60,800m2
発電容量 3,920.04kW
発電量 年間約460万kWh
CO2排出削減量 年間約2,300t-CO2
パネル数 14,520枚
稼働開始日 2017年10月2日
サン・ファーム千年の森昭和Ⅱ

第17号

サン・ファーム麦の里 江別
(上江別太陽光発電所)

所在地 北海道江別市上江別
敷地面積 約25,000m2
発電容量 2,000.7kW
発電量 年間約200万kWh
CO2排出削減量 年間約1,350t-CO2
パネル数 6,156枚
稼働開始日 2017年11月1日
サン・ファーム麦の里 江別

コムシスグループの太陽光発電事業

詳細はこちらをクリックしてください

コムシスグループが推進するEPC事業


北杜高根黒沢太陽光発電(TOSYS)

コムシスグループでは、培ってきた情報通信設備工事の技術を生かし、太陽光・風力発電設備工事の設計・調達・建設までの一連の工程を請け負うEPC事業に取り組んでいます。各工程は複雑かつ密な連携が必要で、一貫して工事を行うことは大きなメリットがあります。今後も積極的なEPC事業の展開を通じ、地球環境の保全に取り組んでいきます。

当社と他社の取り組みの違い

当社と他社の取り組みの違い

●風力発電事業


サンコム出展ブース

サンコムは、風力発電設備の輸入販売、建設および保守までを一貫して担う環境ソリューションの総合エンジニアリング企業です。設備の選定にあたっては、発電量やコストだけではなく、絶対安全・高機能性を重視し、風力発電設備特有の事故や周辺地域の皆さまへの騒音などの課題がクリアできる設備を選定しています。

また、一般財団法人日本海事協会による小形風車型式認証取得も、選定要件としています。

2017年11月には、デンマーク有数の小形風力発電機メーカーであるSolidWind Power社の発電設備「SWP-19.8kW」の日本第1号機を青森県に設置しました。設置後も、サンコム内の監視センタにおいて風車の異常監視を24時間365日体制で行い、異常や故障に対しての迅速かつ適切な対応を行います。
2018 年3 月末現在で、65基の受注をいただいており、引き続き、風力発電の導入を通じて環境負荷低減に寄与していきます。

※小形風車型式認証:出力20kW未満の小形風車について、国際・国内基準の要求事項(性能および安全性)への適合性を評価する認証制度。

再生可能エネルギー事業の動向

日本コムシスグループは、鹿児島県枕崎市において、国産森林資源を燃料とするバイオマス発電事業を2017年にスタートしました。これまでの発電接続技術や発電プラントを構築する技術を生かした取り組みで、2020年の運用開始を予定しており、周辺地域における雇用創出にも寄与します。鹿児島県内で利用されていない樹皮を中心に利用し、燃料以外にも建築資材や枕崎市の基幹産業である鰹節製造に必要な薪としても活用し、安定供給に努めます。

バイオマス発電事業は2020年までに約1.9倍まで拡大し、平均成長率は17.1%が見込んでいる急成長分野です。自社のノウハウを生かし、EPC案件の受注獲得を目指していきます。また、太陽光事業では新たな顧客の開拓や多様な設置形態の提案により、受注拡大に努めています。

  • CSRレポートバックナンバー
  • コムシスグループの事業内容

このページを印刷する ページの先頭へ戻る