ホームCSRCSRマネジメント

CSRマネジメント

価値創造プロセス

コムシスグループにとって、CSR活動は価値創造を支える重要な要素です。「人財」を中核に「安心・安全の追求」「品質向上と環境への配慮」「事業を通じた社会貢献」を強く意識した事業活動を行い、これらを支える経営基盤であるガバナンス強化に努めています。
また、経営理念を拠り所とし、中期ビジョンとして掲げる「事業の拡大」「人材リソースの最大活用」「構造改革の推進」の実現を目指します。4つの道しるべを設けることで、それぞれの目標に対し短期的なPDCAを回し、中期ビジョン実現の後押しをしています。

詳細はこちらをクリックしてください

CSR 推進体制

コムシスホールディングス(以下、当社)にCSR推進室を設け、グループのCSR活動を統括・管理しています。各統括事業会社の方向性や浸透施策を横断的に把握、共有することで、グループ全体に具体的な取り組みを展開し、グループ一丸となったCSR活動を推進しています。
また当社社長を委員長とし、当社および各統括事業会社から選出された委員(主に取締役・理事)から構成される「CSR委員会」を設置し、グループ全体のCSRマネジメントの連携を図っています。委員会の開催は年1回です。CSR委員会では主に、コムシスグループのCSR活動に関する基本方針の策定や、グループのCSR活動に関する情報開示を一元的に推進しています。また、各統括事業会社における既存のCSRに関する委員会の活動を推進しています。
グループ各社では、それぞれCSR推進体制を整えており、各社のCSR推進を行う部署が各社の事業形態に見合ったやり方で取り組んでいます。一例として、日本コムシスではコーポレート・ガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメント、情報セキュリティ、情報開示、安全品質、環境配慮、環境保全、職場環境、社会貢献などをテーマとし、それぞれのCSRの取り組みについて、「経営ガバナンス部会」、「環境部会」、「職場・社会貢献部会」が中心となり、積極的に取り組みを進めています。

コムシスグループのCSR推進体制図

コムシスホールディングス総務部 C SR推進室

コムシスグループの CSR 重要課題

2013年にコムシスグループのCSR重要課題を選定しました。2016年度にレビューを行い、「4つの道しるべ」を改訂しました。

STEP1 CSR課題の特定 ISO26000(社会的責任に関する手引)やGRI「サステナビリティ・レポーティング・スタンダード2016」などのガイドラインのほか、東洋経済CSR調査などESGに関する外部評価や、社会を取り巻く持続可能性に関する課題も網羅的に考慮し、22のCSR課題を特定しました。
STEP2 優先順位付け STEP1で特定したCSR 課題について、「社会にとっての重要性」と「コムシスグループにとっての重要性」の2 軸から優先順位付けを実施し、両軸で優先度の高いグループを「コムシスグループのCSR 重要課題」として特定。
STEP3 妥当性の確認 コムシスホールディングス社長を委員長とし、各統括事業会社の委員が集まる「CSR委員会」において、特定したCSR重要課題が「社会からの要請事項が反映されているか」、「コムシスグループの重要課題が網羅されているか」を十分検討し、最終的に決定しました。
STEP4 レビュー 毎年1回、グループ各社の取り組みをCSRの観点から整理し、レビューを行っています。その内容をWebサイト上に掲載するとともに、CSRレポートを発行することで、ステークホルダーの皆さまからご意見を頂戴する機会を設けています。

コムシスグループの重要課題を選定

>>CSR重要課題「4つの道しるべ」取り組み状況へ

  • CSRレポートバックナンバー
  • コムシスグループの事業内容

このページを印刷する ページの先頭へ戻る